京都市右京区にて葺き替え工⑥(セキスイかわらUからの葺き替え、ガルバリウム鋼板屋根)

こんにちはリペインターズの広報担当です。 防水紙ルーフィングシートが貼り終わりましたので、いよいよこの上からガルバリウム鋼板を施工して行きます。現在、主流となる立平貼りで進めて行きますね。 このやり方の方が金属部分だけで構成される要素が多いので劣化の影響を受けにくいのです。

京都市右京区にて葺き替え工事 ⑤(アスベスト含有屋根材セキスイ瓦Uからの葺き替え ルーフィング施工)

こんにちはリルーフまつだのさんじです。 京都市右京区の現場では改質アスファルトルーフィングシート カッパ23を施工して行きます。改質と名が付く通りに優秀な防水紙でタッカー止めによる穴からの雨水の侵入を 防ぎます。

京都市右京区にて葺き替え工事 ③(アスベスト含有セキスイかわらUからの葺き替え点・雨樋の掃除)

こんにちはリルーフまつだのさんじです。 京都市右京区の葺き替え工事中に雨樋に土がたくさん溜まっていたので掃除しておきます。 雨樋は落ち葉が舞い上がり溜まって行きやすいので経年と共に土化しますので、時おり掃除をしてやらなければなりません。

『セキスイかわらU』とは何か? 屋根の葺き替え工事におけるアスベスト問題(前編)

こんにちはリルーフまつだのさんじです。今回は初のスタッフコラムを書かせていただきました。 直近の現場で葺き替えをしています。セキスイかわらUと言う屋根材ですが、問題が多い商品なので ブログをお読みになっている読者さまにお知らせをします。

京都市右京区にて葺き替え工事 ①(アスベスト含有セキスイ瓦Uからの葺き替え)

こんにちはリルーフまつだのさんじです。 京都市右京区の現場にやって来ました。屋根材の葺き替え工事の依頼です。 現状の屋根はセキスイ瓦Uが施工されていました。しかし、ここのセキスイ瓦Uはノンアスベスト商品ですので耐久性が乏しい商品ですので葺き替え工事に至りました。

京都市左京区 ⑤(雨樋の修理)

こんにちはリルーフまつだのさんじです。京都市左京区の現場で施工しております。 雨漏り修理は残るところ最後になりました。台風の影響で雨樋が吹き飛んで消失していました。雨が降り注ぐと直接、外壁面を伝って流れていくので悪影響を与えます。