古い蔵の屋根修理(南蛮漆喰)京都市上京(3)

こんにちは。『リルーフまつだ』スタッフのさんじです。本日も、京都市上京区今出川通寺町通下ルにある、古蔵の屋根修理の様子をお届けします。丸瓦の葺き替えに、土台に白い漆喰(しっくい)を使います。 名前を南蛮漆喰(製品名 『水シャット』)といい、現在、棟工事等に使われている主流の材料になります。

京都市上京区の古い蔵の屋根修理

京都市上京区の古い蔵の屋根修理を行います。京都特有の奥深い路地に佇む建物で、屋根に上がって見ますと 長年の風雪により、瓦が割れて雨漏りが発生し交換が必要になりました。全ての瓦を交換では無く使える古瓦は再利用し 部分的に新しい瓦を使ってコストダウンを計って施工してまいります。

瓦の凍て割れ交換工事 京都市西京区

先日、西京区桂にておこなった瓦の凍て割れ交換工事の様子をお届けいたします。こちらの現場は家の間に雨が落ちてきており、現状では樋がごみなどの重さで金具が下がってきてそれを繰り返すことで、樋自体も変形してしまっておりました。そのため、樋勾配の調整では修復することが出来ず、交換することにいたしました。

右京区嵯峨にて棟板金交換工事〜台風災害復旧〜

先日、右京区嵯峨にておこなった棟板金交換工事の様子をお届けいたします。棟板金は、台風などの災害によって破損してしまった場合、火災保険が適用されます。火災保険については前回ブログでもご紹介しましたので、こちらも是非合わせて読んでみてくださいね。